高齢者の嚥下と呼吸について

こんにちは!武蔵小杉のむさし歯科医院の衛生士のmです。

まず、嚥下とは食べ物を口から胃まで送り込む運動の事です。この嚥下の間に息を吸う、息を止める、息を吐くという動作も同時に行っています。ただ、高齢になるとこの動作のスムーズな切り替えが苦手になります。飲食物が間違って気道の方に入りそうになったら咳をして出そうとしますが、息を吐く力が弱いためうまく吐き出せなくなります。

そこで、ゆっくり息を全部吐き出す、10秒以上「あー」と声を出す、空嚥下(ゴクンと唾を飲み込む)などをしてみましょう。誤嚥性肺炎の予防にもつながると思います。

そして、お口の中を清潔に保つ事も重要です。ぜひお口のチェックにお気軽に来院して下さいね。

SMILE

ページの先頭へ戻る