妊娠時の歯周病のリスク

こんにちわ🌷 むさし歯科医院 歯科衛生士のⅠです。 気温が高くなって来ましたがいかがお過ごしでしょうか🌞

今回は、女性向けの歯周病の話です🌷

皆様は歯周病についてどのくらい知っていますか?🦷

歯茎が腫れたり、口臭、歯が伸びてきたりといろんな症状が出てきます。歯茎の中で大変なことが起こっているんです💦

実は、細菌感染によって歯を支えている骨がどんどんなくなっているんです、、、、。さらに骨がなくなってるのに痛みがでない場合が多い病気です。

妊娠期は女性ホルモンが活発になり急激に増えると歯周病の原因菌が増殖します。

すると【 妊娠性歯周炎 】になってしまい歯周病のリスクが上がります。

歯周病は、【 早産 低体重児出産 】 の原因の一つでありお母さんが歯周病だと血液を伝って早産、歯周病を引き起こしてしまいます💦

🦷歯磨きの豆知識🦷

妊娠期は、つわりでしたり唾液の減少でお口の中の環境が悪くなる時期なので、毎日の歯ブラシが大切になってきます。

①体調がいい時に歯ブラシをする

②奥歯は気持ち悪くなりやすいので最後に磨く

③唾液が喉にたまらないように少し下を向いて磨く

 

 

2024年6月
< 5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

SMILE

ページの先頭へ戻る