虫歯治療 Cavity treatment

虫歯(むし歯)は、プラーク(歯垢)の中の細菌、糖分の多い飲食物の摂取、生まれつきの歯の質や歯並び、分泌される唾液の量など様々の要因により発生します。その要因の組み合わせは人それぞれ違います。ご自分のお口の状態を知ることで、適切な虫歯治療と虫歯予防をすることができるのです。

当医院では「唾液検査(サリバテスト)」「レントゲン撮影」「口腔内写真撮影」により、お口の中の状態を調べ、その結果をもとに患者様お一人おひとりに合った最適な治療方法を提案し、常に患者様とご相談しながら治療を進めていきます。

サリバテスト(唾液検査)

唾液検査(サリバテスト)では

  1. 唾液の分泌量
  2. 唾液の中和力
  3. 虫歯菌の数

を調べ、むし歯になりやすい要因を知ることができます。

検査はとても簡単!短い時間で済み、もちろん痛くありません。

はじめに

唾液検査の様子

椅子に座りリラックスした状態で、5分間味のついていないガムを噛みながら、唾液を静かに出します。

検査1:唾液の量は?

メスシリンダー

分泌された唾液の量を、専用の容器(メスシリンダー)で測ります。

唾液の量が多いほど

  • 食後、口の中の食べ物の残りを早く洗い流してくれます。
  • 歯の質を強くしてくれます
  • 抗菌作用で虫歯菌などを除去してくれます。

検査2:唾液の中和力は?

検査用紙に唾液をつけ、5分後に何色になるかを調べます。
食後のお口の中は歯がとけやすい環境になります。その環境から通常の状態に早く戻るほど、虫歯になりにくいと言えます。

検査3:虫歯菌の数は?

舌に検査棒あて、唾液をつけます。
唾液の中の虫歯菌を検出し、どのような菌が多いかを調べます。

ミュータンス菌とラクトバチラス菌の数の検査

検査を受けた後は

結果は、次の来院時にお伝えし、検査結果から導きだした患者様にもっとも効果的な虫歯予防法をご提案いたします。
虫歯になる原因が違えば予防法も変わります。お口の特徴を知り、適切なケアにて生涯ご自分の歯を保てるよう、お手伝いいたします。虫歯ができる都度治療を重ねるより経済的で安心です。

レントゲン撮影

レントゲン撮影

歯と歯の周りの骨の状態を調べ、虫歯の有無や歯周病の進行の様子を検査します。
当院では、より正確な診査をするため、「14枚法」と「パノラマ」2種類のレントゲン撮影を基本としております。

14枚法

10枚法のレントゲン写真

お口の中を14ブロックに分け、数本ずつの歯を撮影する方法です。
歯1本1本の状態を確認することができるので、虫歯や歯周病の進行具合、歯の根の状態など、詳しく診察できます。
歯と歯の間にあるような見つけにくい虫歯や、歯周病の進行で溶けてしまった骨の形態、歯の根っこの先にできた病気などを鮮明に調べるため必要な検査といえるでしょう。

パノラマ

お口全体のレントゲン写真です。
歯だけでなく、歯を支えている骨など、お口のまわり全体の写真を撮影する方法です。
お口の全体像と骨格、親知らずなど歯茎に隠れた歯の有無を確認できるので、今後の治療方針を立てるのに役立ちます。

口腔内写真撮影

口腔内写真撮影

お口の中の状態が、治療やメインテナンスの前と後で、どのように変化しているのかを確認するために撮影します。
患者様にも写真を見ていただき、治療の前と後の状態をわかりやすくご説明いたします。

カウンセリング

カウンセリングの様子

治療に入る前にはカウンセリングを行い、どのような治療を行うかについて患者様に納得いただけるまで相談いたします。お口の状態やお体の調子に関すること、治療方法へのご希望などをお聞かせ下さい。

また、「どのような治療を行うのか?」「治療費用はどのくらいかかるのか?」など不明な点や心配な点がありましたら、お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせはこちらから
日曜診療日など最新のお知らせはこちらから
スタッフ募集中。詳しくはこちらから
メディモ
ページ最上部へ