歯周病 Periodontal disease

歯周病は、バイ菌の塊(バイオフィルム)にある歯周病菌が原因で起こる、歯肉や歯槽骨(あごの骨)など歯周組織の病気です。 代表的な症状としては、ブラッシングの際の出血、歯肉からの膿や口臭の悪化などです。
日本では35歳以上の約99%が歯周病にかかっているとされ、進行すると、最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯周病の検査

チェック1:お口の中の汚れ具合

歯周病の検査の様子

​歯周病やむし歯の原因となる歯の汚れ(プラーク)が、お口の中のどこに、どのように付着しているのかを調べます。

チェック2:ポケットからの出血

お口の中に出血があるかどうかを調べます。

チェック3:歯周ポケットの深さの測定

専用の器具「ポケット探針」を用い、歯周ポケットの深さを測ります。
「歯周ポケット」とは歯と歯ぐきの境目の溝のことです。健康な状態の歯ぐきでは歯周ポケットの深さは0.5~2mmぐらいですが、深くなってしまうと食べ物のカスがたまりやすくなってしまい、細菌が繁殖し、炎症が起こりやすくなります。

チェック4:エックス線写真撮影

レントゲン写真を撮影し、歯を支えている骨(歯槽骨)の状態を調べます。歯周病が進行すると歯槽骨が溶けてしまうこともあるので、早期発見、早期治療が大切です。

歯周病の予防

歯周病は生活習慣病

歯周病は不摂生な生活習慣が、発症や悪化を引き起こす生活習慣病です。痛みや腫れ、ウミなどがあれば早めに歯科医の診断を受け、治療を進めることが大切ですが、根本的には生活習慣を見直し、改めることが大きなポイントになります。

歯周病の多くは、歯にたまるプラーク(歯垢)により発症します

プラークは、食物の中の糖分と、口の中にある細菌により生成され、その約70%が細菌です。歯周病が進行すると歯周ポケット(歯と歯肉の間にすきま)ができ、さらにプラークが増大しやすくなります。プラークには、1mg(湿重量)あたりおよそ300種類、1億個以上の細菌が含まれ、体との間で免疫応答という戦いを繰り広げています。もし抵抗力が弱まれば、全身に様々な症状が現れてきます。健康な体を保つには、歯周病をしっかり予防し、プラークをためないことが大切です。

歯周病を防ぐプラークコントロール

歯周病や虫歯の原因であるプラークは、丁寧なブラッシングにより、大部分を取り除くことができます。適切なブラッシングを続ければ、歯周病を予防することができます。また、予防するだけではなく、軽度な歯周病ならばブラッシングで治してしまうことも可能です。
当院では、患者様のお口の状態にあったブラッシング方法を指導いたします。

専門家による定期ケア「リコール」

リコールとは、治療終了後、一定期間(3~6か月)経過してから再び診察することをいいます。症状は改善しているか、新たな病状はないかを検診、患者様の状況に応じ、プラークや歯石の除去、ブラッシング方法の確認などを行います。
当院では、歯周病や虫歯などを予防するためにも定期的なリコールをおすすめしています。

※歯石とは、プラーク中の細菌の死骸に、唾液に含まれる無機質が沈着し石灰化したものです。歯石は自分で取り除くことはできませんので、定期的な専門家による除去が必要になります。

メールでのお問い合わせはこちらから
日曜診療日など最新のお知らせはこちらから
スタッフ募集中。詳しくはこちらから
メディモ
ページ最上部へ