インプラント Implant

インプラント治療は、歯が抜けてしまった部位にインプラント(人工歯根)を埋めて歯槽骨(顎の骨)と結合させ、 その上から人工歯を被せる歯科治療です。 歯科医療における最先端技術で、インプラントはその優れた特徴から「第2の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントは天然歯と同じように“根”を持つ構造のため、天然歯と同じようにお食事を楽しんでいただけます。 また人工歯の色調や形などは天然歯と合わせることができるので、仕上がりもとても自然です。 機能性とともに審美性をも兼ね備えた治療です。 むさし歯科医院では世界中で最も多くの臨床実績を誇る、スウェーデン製のブローネマルクインプラントシステムをご利用いただけます。

こんな方にお勧め(悩みを解消します)

  • 固いものが噛めない、食事がおいしくない
    インプラントは、顎の骨と結合するため、自然な歯と同じように噛むことができ、通常の食生活を取り戻すことができます。
  • 話すときに入れ歯が気になる
    大きく口をあけてもインプラントがずれることはありません。笑うことが気にならなくなります。
  • 入れ歯が気になって人前で笑えない
    インプラント治療は、周りの歯と同じような色、大きさにできますので、自然な歯との違いが判りません。
  • 入れ歯で発音しづらい
    インプラントがずれたり空気が漏れたりしないのでハッキリした発音ができ、話すことの楽しさを味わえます。
  • 入れ歯の周りの歯が虫歯になる
    インプラントは、周りの歯を削ったり自然な歯を傷つけることはありませんので、健康な歯を虫歯になりやすくすることはありません。

むさし歯科ではインプラント治療を安心して受けて頂くために、患者様との信頼関係を大切にしています
決めやかなカウンセリング・疑問にわかりやすくお答えいたします・丁寧な説明・豊富な実績・安心のメンテナンス・10年保証

インプラント治療の流れ

当院では、インプラント治療をより安全で正確に実施するため3D画像によるシミュレーションソフトウェアを利用しています。

カウンセリング

カウンセリングの様子

まずは患者様が抱えるお悩みや不安などをヒアリングし、 インプラント治療の概要やメリット・デメリットを分かりやすくご説明いたします。 なお虫歯や歯周病が見られる場合には、並行して治療を進めていきます。

各種検査・治療計画

CT撮影を行いインプラントを埋め込む顎の骨の量・質・形状を検査します。
CTスキャナーの画像を3Dシミュレーションソフトウェアで処理してインプラントを挿入する角度や位置を設計します。この設計を基にして今後の治療計画を立てていきます。 また、確実にインプラントを適切な場所・角度に挿入するための外科手術用テンプレートを製作します。
検査によって得た3D画像をご覧いただき、疑問にお答えしながら分かりやすく治療詳細をご説明します。

手術前治療

虫歯や歯周病が見られる場合やお口の衛生状態が悪い場合などは、 インプラントを埋入する前に治療やお口のクリーニングを行います。

インプラント手術

外科手術用テンプレートを使用してインプラントを埋め込みます。外科手術用テンプレートを利用することで歯ぐきを切開せずにインプラントを設計どおり正確に埋め込むことができます。

インプラント手術の様子写真

仮歯の装着

仮歯を作製して装着し、歯肉の治癒を待ちます。

型採り

仮歯を使用することで得られたデータを基に、人工歯の作製ための型採りを行います。 色調や形など、ご希望に合わせた人工歯を作製します。

人工歯装着

インプラントとの連結部分(アバットメント)および人工歯を装着します。 以上でインプラント治療は完了です。

メンテナンス

メインテナンスを行います。メインテナンスは、長期間インプラントを使用していく上でとても大切です。 メインテナンスの間隔はお口の状態に合わせて決めていきます。

メールでのお問い合わせはこちらから
日曜診療日など最新のお知らせはこちらから
スタッフ募集中。詳しくはこちらから
メディモ
ページ最上部へ