歯を大切にする治療 Careful treatment

当医院では、患者様がいつまでもご自身の歯で、おいしくお食事が楽しめるよう、できる限り歯を削らない、抜かない治療を行っております。

ミニマムインターベーション

ミニマムインターベーションとは、むし歯になった部分だけを削り取り、修復する治療法です。

これまでの治療では、「予防拡大」と言ってむし歯になった部分だけでなく、むし歯周辺の虫歯になりやすい部分も削って、詰めものをする方法がとられていました。しかし、歯を削りすぎると歯にダメージを与え、将来入れ歯になる確率が高くなるなど、リスクが大きいことがわかってきました。

できる限り生まれ持った歯を残し、大切な歯へのダメージを極力抑えることが大切です。

コンポジットレジンで負担の軽い治療

当医院では、従来の治療法に比べ、少ない負担できれいに治療できる方法として、むし歯の部分を削ったところに、歯科用プラスチック「コンポジットレジン」を詰める治療法を取り入れています。

コンポジットレジンを使用すると、むし歯の部分を削る範囲を最小限に限定でき、光を当てると固まるので、即日の修復が可能です。
さらに、自然な歯に近い色をしたプラスチックなので審美性にも優れています。
欠点としては、長期的にみると材料の劣化が起こる可能性があることがあげられます。

高度な技術を持った歯科医師だから安心

コンポジットレジンを歯に正確に詰めていく必要があるため、歯科医師に高い技術が要求されます。したがって、歯科医師のテクニックにより仕上がりが大きく左右される技術と言えます。
むさし歯科医院では、多くの経験を積み、高度な技術を持った歯科医師が施術しますので安心してお任せください。

メールでのお問い合わせはこちらから
日曜診療日など最新のお知らせはこちらから
スタッフ募集中。詳しくはこちらから
メディモ
ページ最上部へ