丁寧な予防指導 Prevention guidance

毎日のセルフケアと歯科医院での定期的なメインテナンスが、一生涯ご自分の歯を使っていく上でとても大切なことです。

当医院では最先端のスウェーデン式予防システムを導入。患者様お一人お一人に合ったセルフケアの方法を指導し、お口の健康を守り、健やかで豊かな生涯を過ごしていただけるよう、お手伝いいたします。

スウェーデンと日本の比較

スウェーデンと日本では80歳の方が平均して何本ご自分の歯が残せているのか比較してみましょう。

スウェーデン比較

驚くことに、スウェーデンと日本では、こんなにも大きな差があるのです。 なぜ、このような差が生じてしまったのでしょうか。
それには、歯を守る予防の考え方とそのシステムに違いがあったのです。

現在の日本では、歯が痛くなったら歯医者に行き、「歯を削り、詰め物をする。状態によっては抜歯する」という対処療法が繰り返されています。
その結果、50歳前後から歯を徐々に失い、80歳の二人に一人が総入れ歯になっています。
それに対してスウェーデンでは、歯を失う主な原因である歯周病や虫歯を、しっかり予防することにより、いつまでも歯の健康を維持し続けているのです。

歯を守る3つのステップ

3つのステップ

虫歯や歯周病は、症状が出る前に主な原因である細菌や歯石を取り除くことで、確実に予防できます。 そのためには、次の3つのステップを繰り返し続けることが大切です。

  1. 自分のリスクを知る
  2. リスクに応じた毎日のセルフケア
  3. 歯科医院での定期的なメンテナンス
ステップ1 リスク管理&予防プログラムの提案

虫歯および歯周病の原因は人により異なります。

簡単な検査で虫歯になりやすい要因やお口の状態を正確に調べた上、その結果を丁寧にわかりやすく説明。患者様のリスクに対応した最適な予防プログラムを提案いたします。

詳しい検査の方法は「虫歯治療」ページ、「歯周病」ページで説明しております。

「虫歯治療」のページはこちらから>>
「歯周病」のページはこちらから>>

ステップ2 セルフケア『プロによる歯磨きのアドバイス』

当院では、予防先進国であるスウェーデンにて、30年前から実践されている歯磨き方法「スウェーデン式プラークコントロール」を皆様にお勧めしています。

磨きにくい部分から先に磨くスウェーデン式プラークコントロール

日本では、1本の歯ブラシでお口全体のプラーク(歯垢)を落す「パーフェクトブラッシング」が主流です。
それに対し、予防先進国スウェーデンでは、普通の歯ブラシのほかに、ワンタフトブラシやフロス、歯間ブラシを併用し、リスク部分のプラーク(歯垢)を”簡単”かつ”適切”に取り除いています。

大事な歯を守るためには、正しい歯磨きが大切です。
当院では、スウェーデン方式の教育を受けた歯科衛生士が、患者様それぞれのリスクにあった適切な「スウェーデン式プラークコントロール」を指導いたします。

ステップ3 安心の定期検診システム
検診写真

当医院では、3か月に1回の定期検診を推奨しております。
1回わずか30分の歯のお手入れで、生涯にわたり歯を守ることができる可能性が、格段に高まります。​

歯の健康は身体全体の健康につながっている

近年、歯周病が心臓病や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因の一つだと、分かってきました。
入れ歯を使っている方には、誤飲性肺炎や認知症を発症する率が高いとも言われています。
自分の歯で生涯過ごすことは、様々な全身疾患の予防、認知症の予防につながるのです。

虫歯や歯周病で歯を失ってしまうと、お口の機能が低下し、食事の楽しむことができなくなるばかりか、栄養が十分に摂取できない事態に陥ります。
また、ハリのあるはつらつとした表情や会話にも影響を及ぼします。

健康で若々しく生涯暮らすためにも、むし歯や歯周病を予防いたしましょう。

メールでのお問い合わせはこちらから
日曜診療日など最新のお知らせはこちらから
スタッフ募集中。詳しくはこちらから
メディモ
ページ最上部へ